NPO法人 日本福祉整体学院療術師協会と賠償責任保険制度について

1998年12月1日に特定非営利活動促進法(通称NPO法)が施行されました。NPOという言葉が俄然注目され、新聞などに載るようになりました。しかし、多くの方からNPOとは何だと疑問に感じる方も多いはずです。そこでNPOについての説明をさせていただきます。

 

NPOとはNonprofit Organization又はNot-for-profit Organizaionの略で、通常は民間非営利組織と呼ばれております。これに対して、営利組織(企業等)をFor-profit-Organization(略してFPO)と呼ぶ場合があります。

 

NPOの定義と言ってしまうと「非営利活動を行っているところなら全部そうだ。だったら行政だってやっていることは非営利活動なのでNPOではないか」と思われてしまうかもしれませんので、NPOの定義をお話したいと思います。これは、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の非営利セクター国際比較研究プロジェクトが、世界のNPOの調査に使用した分類ですが、NPOの定義として非常に明快ですので、ご紹介いたします。

 

 

①正式の組織であること(formal organization)

「正式」とは、法的に法人として認証されているとかではなく、実質的に規則や定款などを定めており、組織としての意志決定のシステムが明文化されていることを指します。ですから、規則等がない組織についてはNPOとはいえません。

 

 

②民間であること(nongovernmental)

政府や行政、その外郭団体等はNPOには含まれません。この考え方を明確に表しているのが、NPOを日本語で民間非営利組織と訳していることです。

 

 

③利益分配をしないこと(nonprofit-distributing)

NPOの定義の中で一番大切なことです。NPOはボランティア活動だけを行うわけではなく、収益事業も行います。その時に得た利益については、出資者等に分配するのではなく、次の活動資金として運営していくことです。

 

 

④自己統冶的であること(self-governing)

これは組織としての必要条件を表しています。組織として活動するためには、自己統治能力を持たなければなりません、そのため、理事会等の意志決定機関があることが必要です。

 

 

⑤自発的であること(voluntary)

NPOの活動においては、強制されて参加するのではなく自発的な参加が大切です。

 

 

以上の5つを満たすことがNPOの最低条件になり、当学院では法人指定を受けて日本福祉整体学院療術師協会を設置いたしました。学院と生徒の双方のために万が一の事故が発生した場合には賠償責任保険制度を準備しています。

 

高額な賠償金を請求されてもサポートできる体制をととのえておりますので、ご安心ください。NPO法人日本福祉整体学院療術師協会は平成13年に発足し、相互扶助、社会福祉の充実、社会貢献(ボランティア活動)、実績と技術力に高い評価を受けました。当学院卒業後、NPO法人に入会することで、万が一の事故に対する賠償責任保険制度も万全な体制となっております。